大変!住宅ローンが払えないとどうなるの~任意売却のメリット~

good home

メリットの解説

ローンが払えなくなったとき

interior design

住宅ローンが払えなくなった時にとる方法には、債務整理、競売、任意売却という方法があります。 マイホームを手放さなくてもよい方法としては、債務整理の一種である個人再生があります。個人再生をすれば、住宅ローン以外の借金の元本を大幅に減らすことができます。住宅ローン債務は減らすことはできませんが、他の借金の負担を減らすことで住宅ローンの返済ができるようになれば、マイホームを手放さなくてもよくなります。 しかし、住宅ローンの返済そのものに困っている場合には、個人再生という方法では解決ができません。その場合、家を売却して住宅ローンの返済にあてなければなりませんが、その方法としてお勧めなのが、任意売却です。通常、物件には抵当権が設定されているので、普通の不動産売買という方法では売ることができません。しかし住宅ローンが支払えなくなった時に限って、金融機関の合意のもとで抵当権の設定を解除し、家を売却することができるのが任意売却です。

住宅ローンの支払いができなくなり、放置しておくと自動的に競売が始まってしまいます。この競売は、なにもしなくても裁判所がすべてやってくれるので手間がかからないというメリットがありますが、次のようにデメリットのほうがはるかに大きいです。 競売では、物件が市場価格よりもはるかに安い値段が設定されてしまい、安い値段で売れてしまってもそれを受け入れるしかありません。また、手元にいっさい資金を残せませんし、近所に知られてしまって精神的な負担もかかります。 一方の任意売却は、複雑な手続きが必要ですが、任意売却の専門業者に依頼すれば手間はかかりません。任意売却は、物件がほぼ市場価格で売れる、交渉次第で引っ越し代金などが手元に残せる、近所に知られずに売却ができるなど、競売に比べてメリットが大きいです。 また、親族間売買をしたり、理解のある投資家に買ってもらうことで同じ家に住み続けられる可能性があるということも任意売却のメリットです。 任意売却の注意点としては、手続きに時間がかかるので、早めに専門業者などに相談をする必要があるということです。相談するタイミングが早いほど、満足のいく解決ができる可能性が高まります。

市場価格と同じ

living room

任意売却のメリットとして大きい物は、市場価格と同様の値段で売ることができるということです。裁判所の競売よりも高値で売ることができ、退去日も自分で決めることができます。

中古マンションの物件はこちらで検索することが出来ます。おすすめの物件が多数あるのでぜひご利用下さい。

Read More