大変!住宅ローンが払えないとどうなるの~任意売却のメリット~

good home

自分の意思で売る

任意売却とはなにか

living room

最近、任意売却という言葉をよく聞くようになりました。任意売却が出てくる場面は、住宅ローンを組んで住宅を購入してもその住宅ローンが払いきれずに家を売却をしなければならない場合です。 例えば、住宅を購入してローンを3000万円分組んだ場合、このローンを500万円まで返したけども、その段階で会社をリストラされた場合などは、その後にローンを払う目途が立ちません。もし、毎月の返済額が少なければ何とかなりますが、返済額が多い場合にはどうにもなりません。この場合、雪だるま式にローンが支払えなくなり支払額がいたずらに増えるよりも、住宅を売却してしまったほうが良いということになります。 本来であれば競売になるのですが、競売はあまり高値で売れない可能性があります。そこで任意売却をします。

高く売れる

任意売却は、競売が強制売却に対して、自分の意思で売ることですので、同じ売却するにしても自分の意思で売ったということは売主としては大きいのです。 実際、任意売却する場合には、高値でうれる可能性があるというメリットがあります。このメリットは債務者にとっても高値で売れるため借金が減るという点でメリットですし、債権者としても高値で売れた分より多く返済されるので、債権者にとってもメリットがあると言えるわけです。 ただ、任意売却をする場合には債権者と債務者、仲介業者(不動産会社)の三者の同意に基づき売却することが成立しますが、債権者が複数いる場合債権者全員の了承を得なければならないという点や、時折競売のほうが高く売れるということもあり得ますので注意が必要です。