大変!住宅ローンが払えないとどうなるの~任意売却のメリット~

good home

家を手放す手続き

様々なメリットがあります

living room

家を購入する際に、住宅ローンを利用するという人がほとんどですが、このローンの支払いが出来なくなった場合には、金融機関との合意に基づき、家を手放すことになります。この手続きのことを任意売却もしくは任意売買と言います。任意売却と任意売買は言葉が異なるだけで同じ意味です。通常、ローンが残っている状態で家を売却するという場合には、ローンの残債を一括して返済する必要があります。しかし、それを行なうことが出来る人はほとんどいないのが実情です。任意売却では、債務を残した状態で抵当権や差し押さえを解除してもらうという手続きになります。 任意売却には、債務者はもちろん、債権者にもメリットのある手続きであると言えます。

信頼できるところへ相談

任意売却のメリットとしては、家などの不動産を売却する際に支払う必要のある費用を負担するのが債権者であるということがあります。不動産会社への仲介手数料や抵当権抹消費用、マンションである場合には滞納している管理費、差し押さえをしている滞納分の固定資産税等が挙げられます。 また、売却する価格については、物件の所有者や担保権者、買主の話し合いにより決まります。そのため、競売で処分するよりも高値で売れる場合があるというメリットもあります。 競売となった場合、新聞やインターネット上などにその旨が掲載されますが、任意売却の場合はそのようなことはなく、隣近所の人に任意売却であるということがバレないというメリットもあります。